光り輝き続けるために✨

うつからのキセキ☆

【本文以外から得られるもの】

~日常から得た気付き~

半年ほど前に読んだ、

浅田すぐる著「紙1枚!」読書法(SB Creative)

がきっかけで、本を読む順番が変わった。

それは、

表紙、裏表紙、作者のプロフィール、

まえがき、あとがき、目次と言ったように、

本文以外のところを読んでから、本文に移るという順番だ。

これはプレビューと呼ばれる手法で、

本の雰囲気を掴み、本との親近感を得ることが目的とのことだ。

「本の雰囲気を掴み、親近感を得ることを目的としていたんだ~」

と今、上記本を本棚から取り出し、内容を再確認して改めて気が付いた。

そして、納得もしている。

正直、目的を意識して、このプレビューという方法をやってきたのではない。

ただ作者の浅田さんがこの方法を推奨されていたから、

きっと良い方法なんだろうな。とあまり深く考えず、

半年間これをやりつづけ、気が付いたら習慣化されていたのであるが、

確かに、

読者が何故この本を書いたのか?

伝えたいことは何か?

この本にかける情熱や想いなどが観えてきて、

作者や本に対する親近感が湧く。

経験はものを言う。

やってみて、腑に落とせることってすごく気持ちがいい。

 

今、

ネドラ・グローバー・タワブ著 山内めぐみ訳

「心の境界線」学研プラス

を読み始めている。

こちらも、本文以外のところから読んでいる。

こちらの本、厚さ2.5㎝、ページ数461ページと辞書まではいかないが、

やや厚め。且つ、1ページ内の文字数が結構多い。(気がする)

その理由が、本文以外のところを読んでわかった。

著者の、

境界線の重要性を伝えたい。

そして、

境界線の引き方を伝えたい。

という情熱だ。

その先にある、読者のメリットも観ているのであろう。

そして、最後の「謝辞」に書かれている、

様々な人への感謝の言葉からお人柄もうかがえる。

それだけでも、この本早く読みたい!!と想うのであるが、

更に、プロローグのところに、

自身が今抱いている気持ちを払拭してくれることが本文に書かれているんだろうな。

という内容が書かれていた。

自身は、

「境界線は自己尊重と他者尊重」と頭では解っているけれど、

境界線を引くことがなんか冷たい事のように思えたり、

罪悪感を感じたりもするという想いを抱いている。

だから、この本のタイトルに惹かれたのもある。

著者もそういった経験を乗り越えたり、

今も日々そういうことと向き合っているからこそ、

この本を書かれているんだなということがわかることが書かれていた。

まだ本文は一切読んでいないが、

期待感高まる本である。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

2022年10月6日

 

 

【感極まる】

~日常から得た気付き~

ときどき、めちゃくちゃ感謝の気持ちが、

体の奥の方から湧き上がってくることがある。

そして、涙が止まらない。

(突然感極まって泣くなんて人には見せられない(笑))

心のモヤモヤが晴れ、行動に起こせたとき、

何かを成し遂げた時、そんなときが多い気がする。

 

今日も突然その状態が起き始めた。

何がきっかけだったのであろうか?

考えてみた。Aさんだ。

Aさんとは7~8年前に出会った。

初対面の7人同士がチームとなって、

課題に取り組むということをやっていたメンバーの一人だ。

当時、課題に取り組んでいくうちに、

メンバー全員と打ち解けられるようになっていったのだが、

ある程度信頼関係ができた2~3カ月後、Aさんからこう言われた。

初対面の時に、敬遠したいと想った人が2人いて、

そのうちの一人が私だったと・・・。

正直ショックだったが、今だから言える過去の話として、

伝えてくれた事だったので、そういった意味ではうれしかった。

何故それをAさんが私に伝えてくれたか?というのは、

それぐらい、初対面で会った時の、

私が持っていた重ーい印象が無くなったよ。

今は付き合いたくないなんて思わないよ。

ということを伝えたくて言ってくれたのだ。

 

この人は敬遠したい!!という中の一人であったAさんとの関係。

何と、未だに続いている。

当時のメンバーで今もつながりがあるのは、Aさんだけだ。

Aさんは、カラッとした性格で、

感性が強い人なので、

場の雰囲気とか、その人が醸し出す雰囲気とかを

敏感に察知し、その直感を大事にする人だ。

そんなAさんといまだにご縁があって、

しかも、「自分らしく自分を生きる!」生き方をするうえで、

いつも、ポイント、ポイント、ジャストなタイミングで

色々なメッセージや、出会いを送ってくれるのだ。

恐らくAさんは意識していないであろうが、

結果的にいつもそうなのだ。

 

私が今の会社に再就職した時も、

Aさんのお友達とご縁をいただいた時も、

一時的に離れていた時もあったが、

こうして今また、同じ目標にむかい歩み始めた時も、

何故か傍らにいてくれる。

出会いは、「この人は敬遠したい!!」

から始まったのに!!

 

でも、何故、インスピレーションを大事にするAさんと、

いまだにご縁があるのか?

そして、都度都度、サポートまでしてくれる関係性ができたのか?

自身が、自分を大事にする!と決意し、

本当に少しづつ少しづつだが、変わり続けてきたから。

と想っている。

私がよく伝えていることの一つに、

他人は変えられない。

でも、自分の在り方次第で、その人との関係性は変えられる。

ということがある。

まさにAさんとの関係性もそれにあたると想う。

 

まだまだ、自分は未熟であるし、

50年も生きてきて、知らないことも、経験して無いことも、

経験しても腑に落とせてないこともまだまだたくさんある。

でも、そんな中でも、

Aさんを始めこうしていろんなご縁をいただけていること、

挑戦や成長の場を与えられていること、

マイメンターや、志を同じ仲間がいること、

理解のある家族がいること、

働けていること、職場に居場所があること、

今自分がここに幸せだなと想える存在でいられることが、

当たり前でなく、

こういった全ていろんなことから成り立っているんだ、

そう思ったらただただ、涙が溢れてきたのだ。

 

自己否定が酷く、心がすさみ、自分の人生がつまらないのを、

裕福な家庭に生れなかったからだとか、

社会のせいだとか、

そんな想いで生きていた自分では、

感じることができない感情を今味わっている。

 

2015年。

今まで頑張るところを間違えていた。

これからは自分を大事にすることを頑張る。

この気付きと、この決意が、ここまで自身を変えるとは。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

2022年10月5日

【終わりを意識すると観えてくるもの】

~日常から得た気付き~

自分自身に変化を与えよう。

ある負の出来事がきっかけで、

自分の置かれている立場に気付かされ出た答えだ。

 

自分はここに身を置いていて幸せなのか?

自分が今本当に求めているものは何か?

見て見ぬふりをしているものは何か?

そんな問いをここ2週間ほどし続けた結果、

気持ちはかなり固まり、

新たなステージへ0.5歩ぐらい踏み出せた。

この、0.5歩がもしかしたら私の人生にとっては大きいかもしれない。

そんな予感がする。

 

新たなステージが観えて来たということは、

今あるステージの終わりを意識するように自然となる。

そうすると、

自分がいなくなった後も続いて欲しいこと、

自分がいなくなっても困らないようにしておくこと、

最後にこれだけはしておきたいこと、

手放していかなければならないこと、

そんなことが明確となってくる。

そして一番やらなければならないことは、

境界線を引くことだと考える。

自身は、ついつい自分一人で抱えすぎてしまうことが多々ある。

相手の領域に踏み込んでまでやりすぎてしまったり、

(要するにおせっかい)

別に私でなくてもいいことを

誰かに依頼するのも面倒だという理由や、

断るのがなんか悪い気がしてやっていたり・・・。

昔よりはだいぶ減ったとは言え、このようなことを、

まだまだちょいちょいやっているな~ということに気が付く。

しかし、本当にこんなことは終わらせておかなければならない。

と想うのである。

次のステージに、この在り方を引きづったまま上がりたくないし、

これを手放さないと恐らく上手くいかない気がする。

 

今年もあと3カ月。ラストスパート。

年内には、境界線をきちんと引けるようになりたい!!

そのために、以下のことをまずは実行する。

アファメーション

境界線を引くことは、自己尊重でもあり他者尊重でもある。

ということは頭では解っていても、

実際やろうとすると、なんか自分が冷たい人になった気がして、

罪悪感すら感じることがある。

これは自身お得意のアファメーションでマインドを変えていこうと想う。

「境界線は自己尊重と他者尊重」を毎日言うようにして、

言葉からマインドを変えるという手段を使ってみようと想う。

 

②本を読み、ヒントを得る。

先日本屋さんに行ったら、たまたま目について購入した本がある。

ネドラ・グローバー・タワブ著 山内めぐみ訳

「心の境界線」学研プラス

である。

今年の8月23日に発売された本のようだ。

きっと今読むタイミングな気がする。

 

③気付いたことから改善する

あ~今、相手の領域にまで入っちゃったな~

逆に、私の領域に入れちゃったな~と気付いたら、

次からは同じことにならないように改善策を考え、

改善策を実行する。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

2022年10月4日

 

【自分自身に一石を投ずる】

~想いを伝えたい~

自身が公認インストラクターとして身を置いていた、

一般社団法人MindLaboの解散手続きが完了したと、

先日、社団代表でもあったマイメンターから正式発表があった。

(※春講座の受講者様とお約束したオプション動画配信活動は、

~11月まで継続しておこないます。)

2018年に設立し約4年の活動を経て、2022年8月31日解散となった。

マイメンターは決断と行動の人だ。

2018年に社団を立ち上げるということに対しても、

その発想にはびっくりしたが、

「マイメンターのことだからこれくらいのことはやるわな。」

とマイメンターの決断と行動にはびっくりはしなかった。

むしろマイメンターらしいなと想った。

そして、今回の解散という発想にも、びっくりはしたが、

「また面白い事ぶち込んでくるな~」

(言葉が荒っぽくてすみません💦)

というのが真っ先の感想で、

解散という事柄自体はネガティブかもしれないが、

気持ちは案外ポジティブで

未来に関しても楽観的に捉えているのであった。

マイメンターは、立ち上げ、解散ということ以外にも、

約4年の活動の中で、ちょくちょく、ちょくちょく、

一石を投じるようなことを起こしてくださった。

先見性のあるマイメンターであるため、

変化し続けることの重要性、

そしてここ数年の変化のスピードを感じているからこその

行為だったと感じている。

(リアル講座をオンライン講座に全移行。

動画講座導入など・・・。)

マイメンターが必要な時に一石を投じてくださるから、

あまり深く考えず、「それについていけば上手くいく。」

ただそれだけの理由でまい進してきた。そのおかげで、

時代の流れにも遅れずについてこられたこと、

本当に本当に感謝でしかない。

もちろんこれからも、マイメンターが落としてくださるであろう、

大小さまざまな石を自分を進化させるきっかけにしていきたいという

想いは変わらない。

しかし、いつも投げてもらってばかりではなく、

自分で自分に一石を投ずるということもやってみようと想う。

マイメンターやわたしが尊敬する人たちがそうしているように・・・。

もちろん、投げるタイミングというのはあるので、

そのタイミングについては、

マイメンターやその道のプロなどに、

アドバイスを受けながらになると想うが、、、。

 

この原動力はどこからくるのか?

 

自己否定の塊だった頃の自身は、

できるだけ、自分の人生に波風を立てたくないタイプであった。

自分の嫌いな所をダメな所を隠すことにエネルギーを使いすぎ、

身も心もへとへとで、生きるエネルギーなんてものは万年枯渇状態だったからだ。

だから、変化することへのエネルギーなんて湧いてこないし、

それどころか、変化しないこと、安定していること、保守的なこと、

そういったところに価値を置く人で在った。

 

しかし、人生をより幸せで豊かに生きるためには、

やはり、「変化」していくことが大切だということ、

そしてそっちの方が何倍いや何十倍も楽しいことに気付いた今、

自らがこれを体現していきたい。そう想うのである。

自己否定が酷かったために、

人並み外れてコミュニケーション能力が低かった私だからこそ、

人って自分次第でこんなに変われるんだよ、

変われることを楽しめるんだよということを表現していきたい。

わかる人にはわかってもらえる。

そう信じているからなのかもしれない。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

2022年10月3日

 

【モデルとなる人発見】

~日常から得た気付き~

塩尻市にあるジェラートショップRe:gelato(リジェラート)へは、

気が付くと週末は毎週訪ている。いわゆる「常連」だ。

30年来のジェラートファンである自身が、

こちらのお店に定着してきたのは何故だろう?

理由を考えてみた。

・訪れる都度、違うフレーバーがあってわくわくする。

・フレーバーの種類が豊富。

・甘すぎない。甘さが適度。

・季節を感じられるフレーバーが必ずある。

・ここでしか食べられない!!というフレーバーが沢山ある。

・新商品を常に開発し続けていて、その努力が伝わる。

・まさか!この素材をジェラートに!!!という驚きがある。

・珍しい素材を使っていてもちゃんとジェラートとして美味しい。

地産地消をコンセプトにされているだけあって、地の物が食べられる。

・地の物だけではなく、産直のフレーバーが食べられる時もある。

・素材の味をちゃんと引き出す作り方をしている。

・素材を厳選されているのが伝わってくる。

 (日本のジェラートの定番、ミルク、チョコ、抹茶などを食べるとよくわかる。

  特に、チーズ系はきっとコストもかかるであろうに、良い素材使ってるな~

  というのがわかる。)

・これだけこだわっていて、品質も高いのに、全サイズ500円と良心的価格。

・店の雰囲気が明るい。(人も物も)

・客側が楽しい!!とかラッキー!!と想える企画をやってくれる。

などなど、挙げたらきりがないくらいだ。

 

当初は、上記に書いたように、

ジェラートを美味しく、楽しく食べる!!

ということだけを目的として通っていた。

しかし、しだいに、

オーナーとのジェラート話が面白くて行くようにもなっていった。

だんだんオーナーと打ち解けて話ができるようになり、

思い切って、自身が将来ジェラート屋さんをやりたい、

または、何でもいいから、

ジェラートに携わる仕事をしてみたい。

そんな夢を語ってみた。

そしたらオーナーは、

ジェラート講習会やマシンの展示会情報、食材の本の紹介、

ご自身がお店を立ち上げられるまでの経緯などを事細かに教えてくださった。

雨でお客さんが少ないとは言え、開店中に、

ただの常連というだけの関係の私にすごく熱心に教えてくださった。

今までも、ジェラートを通して、この方は、

人が喜ぶこと、人が楽しむことに価値をおいているんだな~。

地産地消や食品ロスをテーマにお店を運営するなど、

社会貢献にも価値を置いているんだな~と想っていたので、

オーナーのお人柄にはこれまでも敬意を抱いていたが、

一個人の夢の支援までしてくださろうとするとは、

ますます尊敬と感謝の念でいっぱいなのである。

 

マインドセット(心づくり)のモデルはマイメンター

ここは変わらずだが、

また一人、人生のモデル(師匠)が増えた。

私も、マイメンターやリジェラートのオーナーのように

人に喜びを与えていきたい。

そして、それを自身の喜びとして生きたい。

そのためのモデルなのである。

その存在に感謝いたします✨

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

2022年10月2日

 

【なんでも聴く気になれば!】

~日常から得た気付き~

自身は一般企業に勤めながら、

数年前から、マインドセット(心のづくり)を

伝えるインストラクターとしても活動している。

インストラクターになって、様々な経験、学び、気付きを得た。

そして、やっていてよかったな~と想うことが多々あるのだが、

その中の1つに、「講師の立場での観点が増えた」ということがある。

 

自身が勤める会社では、月に1回全社員対象に、

何らかの講習会を開いてくれる。

講習会のテーマはその時々違って、

例えば、交通安全に関することであったり、自社製品のことであったり・・・。

テーマによっては、自身には直接はあまり関係のない内容だったりもする。

今回の講習会のテーマが、まさにそれだった。

しかし、インストラクターになる前の自身であれば、

わざわざ残業時間に講習会を開いてくれる会社に対しての感謝の気持ちがあったから、

メモをとったりしながら、真面目には聴いていたものの、

その直接は関係しない内容の講習会をどう自分に活用できるか?

という観点をもって聴いていなかったため、

ただ、難しかったな~で終わってしまっていたようなことが多々あった。

しかし、インストラクターになったころからは、

「どんなに短い時間の講座であっても、

講師の方は必ずその講座にかかる時間の何倍も準備してくださっているはずだ。

受講者として、何でもいいから、学びを得て、それを活用することが、

講師が一番うれしい事なのではないか?」と考えるようになり、

今回の講習会もそんなスタンスで聴いていた。

 

今回の講座は、電気に関すること。

機械の点検や修理の時に、配電盤を空ける作業を伴う人向けの講座だった。

最後に少し、一般家庭でのアースの重要性についても盛り込んでくださったので、

そこの部分は私も非常に役にたったが、今回の講座のメインは、

ほぼ電気工事の危険性についての内容だったため自身の職務には直接関係はなかった。

しかし、電気工事に関わらず、全ての仕事に共通する大切なことを、

沢山言っているな~。と想い、

この言葉は、自身の仕事、仕事に向かう心構え、姿勢、

こういったことを振り返るにも活用できるな~ということを

メモしていったら結構沢山のメモが残っていてびっくりだった。

 

その中でも一番印象に残っていることを共有したい。(自身の言葉でまとめたもの)

「電気工事で人的に起こる災害や事故を防ぐには、ルールを守ることが必須。

ルールがあるのに何故ルールを守らないか?守れないか?その理由の一つに、

そのルールが何故存在するのか?その意図までしっかり理解していないから、

本当に自分が納得してルールを守ろう!!という意識になっていなから。と言える。

know-howも大事だが、know-whyもさらに重要で、

ルールを守る方法以前に、何故ルールがあるのか?何故ルールを守らなければならないのか?ルールを守るメリット。ルールを守らないデメリット。などを深く理解して、

そのルールを守る!という1人1人の自覚が大切。そして全体の共通認識も重要だ。」

これは、電気工事に関わらず、どんな仕事にも当てはまることではないだろうか?

 

この講習会を終えた後、帰宅し、いつものようにYouTubeを立ち上げた。

デフォルト画面にでた、脳科学茂木健一郎さんの動画が気になり拝見。

茂木さん曰く、仕事ができる人の定義は、

「チームで仕事ができること」これが最低限必要だとのこと。

先ほどの講習会で得た学びとリンクする。

何故仕事や職場には決まりやルールがあるのか?

まずそもそも、一人で仕事をしているわけではないから。

チームで仕事をするためには、ルールが必要で、

それにケガなどの危険が伴うというのであればさらに重要で、

チームで働くためにはルールを守ることを軽んじてはいけない。

もしそのルールに疑問を持つのであれば、

きちんと理解するまでWHYを追求する、

または、そのルールは納得できませんと訴えるなど、

きちんとそのルールと向き合わなければならない。

と想った。

今回の講習会は、

自身の仕事に向かう姿勢を振り返るきっかけになり、

そして、チームで働くための最低限のマナーを知る

いいきっかけにもなった。

 

なんでも本気で聴く気になれば、

自分に必要な学びは得られるものなのだな。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

2022年10月1日

【同じ星の人だった?】

~日常から得た気付きシリーズ~

去年の今頃観た夢(妄想?)がきっかけで、

自身の魂は違う星から来たのかもしれない。

と想うようになった。

その夢というのは、

何故か自分は宇宙から来た前提になっていて、

何故地球に来たのか?というのを、

誰かと会話しているというものだった。

このブログにも書いてある。今振り返っても不思議な夢だった。

ブログ記事編集 - はてなブログ (hatena.ne.jp)【ここにいる理由】 - 光り輝き続けるために✨ (hatenablog.com) 

「自分は宇宙からきた」そう考えると、

自身が本来の自分を隠すようになっていった理由の一つでもある、

「他の人となんか違う。」

「なんかクラスから浮いている気がする。」というような、

小学校高学年くらいから感じていた理由が、

何となく理解できるような気もする。

 

最近、離れたところに就職した長男から、

ちょくちょくLINEが来る。

たまーに、通話することもあるのだが、

お互いに話したいタイプの人なので、

自分が話し、相手の話を聴き、を繰り返していると、

気が付くと数時間話していることもある。

(ちなみに、次男は私の質問には答えてくれるが、

ほぼ私の話を聴いていることの方が多いので、

通話時間も単純に長男の半分程度だ。)

 

昔はこんなに長男と話をすることはなかった。

本当にお恥ずかしいのだが、

22年親子をしてきて、ここ2~3年で

やっと長男と分かり合えて来た、そんな感覚なのである。

 

長男は、言葉で上手く説明できないが、

子供のころから、不思議なオーラを出していた。

楽観的というか、自由人というか、マイペースというか、

周りの言うことに流されないというか・・・。

そんな彼に対して、

「この人はいったいどこの星から来た人なのだろう?」

とずっと想い続けてきた。

それが、最近では、

「私もこの人と同じ星から来た人だったんだな~」と想うのである。

 

自身は以前、

ゆるキャラ系で、どこか人を和ませるタイプの長男に対して

逆にイライラすることすらあった。

何故なら私は、長男が中学生くらいの時まで、

「社会性」や「常識」を重んじ、自分を抑圧するという

彼とは真逆な生き方をしていたからだ。

(当時はそれに気付いていなかったが💦)

そんな自身だったのだが、マイメンターと出会い、

マイメンターとのセッションの中で、

上記のような長男の特性を話したら、

「ご長男を、ちかりん(←私のこと)のモデルにしてみたら。」

というアドバイスをもらった。

確か長男が高校生くらいの時だったと想う。

それから私は、彼の自由奔放な所とか、

自分の好き!を追及しているところとか、

いい意味でかるーい所とかを見習うようにしていった。

 

それから約7年の月日が経った今、

長男から嬉しい言葉をいただいた。

先日友達と訪れた場所(大阪)がとても良かったので、

今度母親(←私のこと)とも行けたらいいな~と。

長男はいい意味で友達とか、付き合う人を選らぶ。

いい意味で選ぶというのは、

フィーリングとか、直感とか、自分はこの人といて居心地がいいとか、

そういうことから選ぶということである。

(本人が意識しているのか意識していないのかはわからないが、

自身が彼を観察するにそうだと捉えている。)

私はやっと彼にとってフィーリングが合う仲間に

入れたのだと嬉しく想った。

以前のように、常識や社会性にとらわれ過ぎて、

自分を見失っていた自身だったら、

恐らく、長男とLINEで話が盛り上がることもないであろうし、

ましてや、一緒に大阪に行けたらいいな~なんて、

言ってもらうこともなかったであろう。

 

自分らしく自分を生きると決めて良かった。

そして、地道にそうなるように努力してきてよかった。

自分らしく自分を生きている人と分かち合えたから・・・。

そして、それがわが子であったのだから、うれしさも100万倍だ。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

2022年9月30日